丸セパ 即納 共栄製作所株式会社のホーム > 共栄ニュース

共栄ニュース 2019年8月号 -第347号-

平成時代は良かった ㈱大和ネクスト銀行は、昨年10月19日~23日に「平成時代の思い出」に関する調査を実施した。(調査対象は20~60代の男女1000人) 平成時代を振り返って、平成時代が「良かった」と感じている人は約4割、「良くなかった」 …

共栄ニュース 2019年7月号 -第346号-

省 力 化  休日、ユニクロの名古屋店を訪れ、商品をレジに運んだところ、店員から「お支払いに現金、クレジットカードをご希望のお客様はセルフレジをご利用ください」と一言。カウンターレジの右方にセルフレジが設置されていた。  最近、レンタルビデ …

共栄ニュース 2019年6月号 -第345号-

平成から令和への忘れ物  かくして平成の30年113日が終わり、令和の世に移った。歴代125天皇のうち、最長在位が昭和の62年、次が明治45年で、平成の30年余は11位。平均が15年弱だから長期在位だったといえよう。  平成時代は戦争こそ無 …

共栄ニュース 2019年5月号 -第344号-

は か り  2009年9月18日金曜日、シアトルのセーフコ・フィールドはヤンキース戦ということで超満員だった。実力に勝るヤンキースに2対1とリードされた9回裏、絶対的守護神がマウンドに立つ。勝利の方程式、高速カットボールを操るリベラは先頭 …

共栄ニュース 2019年4月号 -第343号-

2%目標に思う  8%の消費税率が10%にアップするまであと5カ月。増税に反対する声は「2%の物価目標を達成しデフレを克服するべきだ」というリフレ派の陣営にも多い。  その代表格は昨年3月まで日銀副総裁だった岩田規久男氏だろう。話を聞いてみ …

共栄ニュース 2019年3月号 -第342号-

転ばぬ先の絆創膏   缶詰が目の前にあるのに缶切がなくて食べられない!今までこんな経験がある方は少なくないはず。ふだんの生活なら缶切を買いに行けばすむが、災害時や店舗が近くにない場合は、さてどうすればいい?  思ったより簡単で、缶詰(プルト …

共栄ニュース 2019年2月号 -第341号-

ロシアは領土を譲らない   安倍首相は衆議院予算委員会で、日露交渉について「平和条約を締結するということは国境を画定することだ」と述べた。領土問題の棚上げを否定したものだが、交渉そのものの難航が続いている。これについて、中国分析の …

共栄ニュース 2019年1月号 -第340号-

何がしたいの?日本の税制  妊婦が医療機関を受診の際、医療費に上乗せされる制度「妊婦加算」昨年4月から算定されているが、制度見直しの意見を受け、厚生労働省は先月中旬に当面の間凍結と発表した。少子高齢化対策に逆流するこの制度、しかしながら先の …

共栄ニュース 2018年12月号 -第339号-

大阪万博が決定・経済活性化に期待 2025年万国博覧会の開催地に大阪が決まった。55年ぶりの開催だ。開催国にとって五輪や万博と言ったイベントは、国の発展した姿を示すとともに、国のさらなる経済成長の好材料ともなる。特に、ここのところ東京五輪後 …

共栄ニュース 2018年11月号 -第338号-

格差社会の拡大  安倍首相は、来年10月に消費税率を予定通り8%から10%に引き上げると表明した。「あらゆる政策を総動員し、経済に影響を及ぼさないように全力で対応する」と述べたが、政府・与党が検討中の対策事項に違和感を覚えずにはいられない。 …